介護福祉士資格を取得する!
受験資格&試験合格の極意

三福祉士の1つである介護福祉士を目指している受験生に向けて、もっとも優れた福祉大学を選ぶための極意をお教えしたいと思います。また、介護福祉士の受験資格に関する詳細、2016年度から資格試験が制度改正されることについても解説していますので、是非とも参考にしてください。資格試験を突破するための全てがここにあります!

介護福祉士

これから介護福祉士を目指すのであれば、間違いなく福祉大学への進学がベスト。大学以外にも受験資格を得る方法はありますので、自分の将来や現状とよく相談をした上で決めることが望ましいです。今高校生の方などこれから大学へ進もうと考えている方は、福祉大学への進学が良いのかもしれません。 一応、全般的な解説をしておくことにしましょう。まず、介護福祉士国家試験の受験資格を得るためには大きく分けて3つの方法があります。1つは学歴と関係なく3年以上の実務経験を積み、さらに実務者研修を受ける方法。2つ目は福祉系の学校に通う方法。最後は養成施設を修了するというものです。2015年までは介護福祉士養成施設を修了すれば無試験で資格を取得できますが、2016年からはそういった優遇措置がなくなり、どんなルートであっても国家試験に合格しなければ資格は得られなくなります。要するに、今から介護福祉士を目指す方の場合、これまでの特例を活用することはできないということですね。そのため、過去には養成施設がもっともお得な方法だったのですが、これからは福祉大学を卒業するのがもっとも近道になるのです。 福祉大学を卒業すれば、国家試験受験資格と同時に大学卒業資格を得ることもできますし、社会福祉士とのダブルライセンスを狙うことも可能。介護福祉士の受験資格が得られるだけの養成施設で数年過ごすより、ずっと有意義だと思います。また、介護福祉士は福祉系高校を出ただけでも受験資格を得られるという特徴がありますが、高卒の場合には9ヶ月以上の実務経験が必要。要するに仕事をしながら試験勉強をするか、あるいは資格試験のために仕事を辞めて空白期間を受け入れるかしなくてはなりません。日本では空白期間がある人を採用したがる企業はとても多いとは言えないので、これはいくら資格のためといっても賢明ではない可能性もあります。福祉大学に進学して在学中に介護福祉士国家試験を受験するの一番有利になるはずです。

より良い就職のために!
試験合格を目指す大学選びの基本

介護福祉士の資格を取得するためには国家試験合格が必要。受験資格だけ得てどうなるものでもありません。ですから、福祉大学に進学するにあたっては、国家試験合格に必要なカリキュラムがきちんと組まれている大学を選ぶことが重要です。実をいうと、制度が変更されるまでは養成施設を修了するほうが有利だったので、あまり介護福祉士試験に力を入れている大学は多くないのです。しかし、2016年以降は国家試験の重要度が増し、充分な対策を行わないと資格取得は望めなくなります。不運な時代といえばそれまでですが、制度が変わった以上、新しい制度に合わせて準備をしていくより他にありません。介護福祉コース、介護福祉専攻といった専門カリキュラムを設置している福祉大学を選び、万全の試験対策を行いましょう。そして、可能ならより就職を有利に運ぶため、社会福祉士とのダブルライセンスに対応した大学を選ぶとベターだと思います。

介護福祉士国家試験の過去問!
実際の国家試験問題をチェック

こちらでは介護福祉士国家試験の過去問に少しだけ改題を加えたものを掲載しています。今のうちから国家試験問題に触れておくことで、受験のモチベーション向上に役立つでしょうし、A.O入試の面接などでは過去問から得た知識を披露することで有利に働くかも知れません。やや難易度の低い問題を主体に掲載しましたので、是非ともチャレンジしてみてください。

過去問

1.社会福祉士及び介護福祉士法によって規定されている物事のうち、介護福祉士に関する記述として正しいものを選びなさい。

選択
a.介護福祉士としての資質向上のため、研修受講を義務づけている。
b.現職にある期間に限って、利用者の秘密を漏洩してはならない。
c.福祉サービスを行う業者、関係者との連携が定められている。
d.介護福祉士の名称を資格停止期間に名乗ると1年以下の懲役が科せられる。
回答をチェック
b

2.次のうち国際生活機能分類(ICF)の背景因子を構成するものはどれか。

選択
a.心身機能
b.疾病
c.参加
d.活動
e.環境因子
回答をチェック
e

3.次の選択肢のうち、適切なもの選びなさい。

選択
a.介護老人保健施設の根拠は、障害者自立支援法である。
b.要支援2の認定を受けることで、介護老人保健施設に入所できる。
c.民生委員の任期は10年である。
d.民生委員は児童委員を兼ねている。
回答をチェック
d

4.介護老人福祉施設での身体拘束について適切なものを選びなさい。

選択
a.一時性、切迫性の2つを満たせば身体拘束が可能である。
b.身体拘束を行った際には拘束理由などの記録をつけなければならない。
c.利用者の家族から承諾書を得ることで身体拘束が可能となる。
d.利用者の安全確保を目的に行う場合、職員1名の判断で拘束が可能である。
回答をチェック
b

5.次の選択肢のうちで正しいものを選びなさい。

選択
a.せん妄は薬剤によって生じることもある。
b.認知症の中核症状では介護者に暴力をふるうことが多く認められる。
c.認知症の中核症状では自分が忘れたということを自覚している。
d.せん妄の場合、せん妄中の出来事を記憶している。
回答をチェック
a

※過去の国家試験問題を元に作成

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?