社会福祉士国家試験を突破する!
受験資格&試験制覇の秘策

こちらでは社会福祉士の受験資格に関する情報を詳細に扱っていきたいと思います。受験資格を得るために必要な要件はもちろん、少しでも合格率を上げるための大学選びについても解説。社会福祉士資格を手に入れて、好条件での就職を目指したいですね!資格取得への最短距離を知るために必要な情報をご紹介します!

社会福祉士

上図のように、社会福祉士国家試験の受験資格を得るための方法は1号から12号までの12種類があります。要するに、資格取得のためには必ずしも福祉系大学を卒業する必要はないということです。しかし、国家試験の受験までに必要な年数を比較してみてください。福祉系の4年制大学で指定科目を履修していれば在学中にでも国家試験が受験できますが、それ以外の方法だと大半は“実務経験”もしくは“養成施設への入所”が必要になってしまいます。少しでも早く、そして有利に社会福祉士資格を手に入れるなら、4年生福祉大学を卒業することを考えてみてもよいでしょう。
まず実務経験を積むとなると、特に資格のないまま福祉関連の職種に就職しなければなりませんので、有資格者と比べて就職活動が厳しくなる可能性もゼロではありません。そもそも、ほとんどの人は就職を有利にしたいがために資格取得を目指すのが普通。資格試験を受けるために就職して実務経験を積まなければならないなんて大変に感じてしまいますね。次に養成施設に通うパターンですが、これについても半年~1年かかってしまい、養成施設の学費がかかることも考えられます。
もちろん、皆さん自身の現状に合わせた選択肢を取るために上記のようないくつかの選択が可能なので自分の将来としっかり向き合い検討してみてください。

受験資格を得るだけじゃダメ!
本当に合格できる大学選びが大切!

さて、受験資格を得るための選択肢として4年生福祉大学への進学という選択肢があることをお話したわけですが、それだけで話は終わりません。というのも、所定の単位を取得したことで得られるのは受験資格だけで、社会福祉士の資格を得るためには国家試験に合格しなければならないからです。受験資格を得たことろで、実際に資格取得しなければ何の意味もありません。
資格試験にストレート合格するためには、福祉だけでなく医療、介護といった関連分野も含めてバランス良く学べるカリキュラムが必要。近年、社会福祉士国家試験はますます難化し、幅広い知識を問う問題が増えているからです。生活保護制度、成年後見制度といった福祉関連制度だけでなく、実際の現場でどのように運用されているか、そして現場で働く人間たちがどういった状況の中で仕事をしているのか、すべてを熟知していなければなりません。社会福祉士の受験資格だけでなく、児童福祉司、社会福祉主事など、幅広い資格に関連する授業がある大学なら心配はないでしょう。取得できる資格が多いということは、それだけ幅広い内容を扱う授業があるということですから。
また、受験を検討している大学の社会福祉士合格者数にも注目。可能なら、30人前後の合格者を輩出している大学を選びましょう。おおむね30人以上を合格させているのであれば、大学のカリキュラムに問題がないと判断することができます。もちろん、この目安も数年前のものではなく、できれば去年などの直近のデータをご自身で調べて判断しましょう。今は試験制度も変わり、多くの大学が福祉系に参入してきています。短絡的な支店だけでなく、将来の就職のことなども考えてネームバリューのある大学などを選んでも良いかもしれませんね。

実際の試験問題に挑戦!
社会福祉士

こちらでは社会福祉士国家試験の問題をモニター上でも解答しやすいように改題した過去問題集を掲載しています!今のうちに過去問に目を通し、いったい大学でどのような勉強をすれば良いのか知っておきましょう。高校生レベルの知識でもある程度は取り組めるよう、政治経済、倫理といった公民分野に近しい問題を優先して出題しています。

過去問題集

1.次の社会保険制度に関する選択肢から正しいものを選びなさい。

問.
a.老人保険制度が実施されたのは、別名を福祉元年という1973年である。
b.全員の強制加入を前提とした国民健康保険法は1938年に制定された。
c.国民年金の第1号被保険者となる自営業者も、確定拠出年金に加入できる。
d.すでに廃止された年金制度としては、厚生年金基金が挙げられる。
回答をチェック
答→c

2.次の事例に関して、適切な対処法を選びなさい。

問.
・事例
Aさんは認知症で判断能力が不充分である。あるとき、ひとり暮らしのAさん宅にセールスマンが訪問し、その熱意に負けたAさんは高価なサプリメントを購入した。価格は45万円で、まだ契約書面はもらっていないが、すでに使用している。14日後、ホームヘルパーがその事実を知り、事情を聞いてAさんを伴い消費生活センターを訪れた。消費生活センターの対処としては何がもっとも適切か。

a.消費契約法第4条の誤認を理由として契約の取り消しができる。
b.認知症の制限行為能力者であったことを理由に契約を取り消せる。
c.クーリングオフの書面を提出して解約できる。
d.開封し、さらに使用していることから、解約は不可能。
回答をチェック
答→c

3.次の公的扶助に関する選択肢から正しいものを選びなさい。

問.
a.公的扶助は事前の納税が給付の前提、社会保険は保険料拠出が給付の前提である。
b.我が国では、社会保険が金銭給付なのに対し、公的扶助は現物支給により行われるのが原則である。
c.社会保険は個別の経済状況に応じて給付するが、公的扶助は国民の最低限の生活水準を保障するため、定期的に一律支給する。
d.社会保険では資産の保有状況などと無関係に給付するが、公的扶助は資産調査を行った上で給付する。
回答をチェック
答→d

4.保護観察の実施に伴う指導監督の記述として、適切なものを選びなさい。

問.
a.ひきこもりなど社会から逃避しようとする対象者に、社会生活に適応させるための生活指導を行う。
b.家族間の関係が悪く、争いが絶えない保護観察対象者の生活環境を調整、改善する。
c.犯罪的傾向を持った対象者に対し、改善を促すための専門的処遇を行う。
d.就業中に事故に遭い傷害を負った人が療養したり、医療を受けるのを助ける。
回答をチェック
答→c

5.保護観察所の連携施設に関して、記述内容が正しいものを選びなさい。

問.
a.就労支援を行うために福祉事務所と連携
b.住居の確保が困難なケースについて、自立準備ホームと連携
c.仮釈放の決定について検察庁と連携
d.一般遵守事項の決定について裁判所と連携
回答をチェック
答→b

※過去の国家試験問題を元に作成

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?