学費コスパを検証!
関西福祉大学の初年度納入額

大学選びの際、偏差値やネームバリューも重要かもしれませんが、やはり学費についても無視できません。不況が長く続く現在、学費を負担しきれずに中途退学を余儀なくされる大学生も少なからずいらっしゃるからです。そこで、関西福祉大学の学費を徹底リサーチし、それだけの学費を支払うに値する就職率、国家試験実績を上げているのかどうか細かく見ていきたいと思います。

※あくまで2016年度の情報です。実際はこれよりも高い可能性もありますので、事前にしっかりと確認してください。

関西福祉大学

関西福祉の初年度学費をチェック!

内訳 入学時 後期 初年度学費総額
入学金 200,000 - 200,000
授業料 375,000 375,000 750,000
教育充実費 100,000 100,000 20,0000
合計 675,000 475,000 1,150,000

初年度学費総額で見た場合、当サイトで掲載している関西の福祉系私立大学の中ではリーズナブルな部類に入るでしょう。入学金が30万円の大学も多い中で、20万円となっているのは少し嬉しい点でしょうか。 関西福祉大学は2年次以降にどの専攻を選択しても社会福祉士の受験資格が得られる上、専攻によっては精神保健福祉士、認定心理士といった資格とのダブルライセンスを狙うことも可能な充実したカリキュラムが特徴。福祉系大学の中でも特に多くの資格が手に入ることを加味すればコストパフォーマンスはかなり優秀と考えて良いと思います。

学費関連詳細

将来性は大丈夫!?
関西福祉大学社会福祉学科の
就職実績

関西福祉大学の就職率は98.7%となっており、これは非常に優秀な数値です。ただし、卒業者158人のうち、就職希望の意思表示をした学生だけを対象とした調査ですので、卒業生の98.7%が就職したという意味ではありません。また正規雇用、非正規雇用の区別をしていないようなので、全員が正社員になれたわけでもなさそう。しかし、それを差し引いても今の時代に98%台の就職率を実現しているのは驚くべき実績と考えて間違いないでしょう。

就職先の業種内訳

※個人の感想ですので、あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

卒業生の
就活体験談Q&A進路事情まとめ~
関西福祉大学

こちらでは関西福祉大学を卒業された先輩方の就職体験談を伺ってみたいと思います。就活時代の苦労、就職先での仕事内容など、これから世に出ていく皆さんにとって役立つ話が満載です!関西福祉大学の受験を考えているのであれば、是非とも卒業生の進路について知っておきましょう。福祉、介護といった分野で働いている先輩方はいったいどのような日常を送っているのでしょうか?

就活はとにかく自分自身との戦い!

就職活動で大学の名前を出せば有利になるのなんて、近畿地方では関関同立とか一部の有名大学がメインだと僕は思っています。だから、普通の大学生にとって、就活というのは本当に自分の力でやるしかないんですね。大学に頼り切ろうとしないで、どこまで自分で調べるか、何社落ちても気持ちを切り替えて就活を継続できるか、そういった素質が問われているんだと思います。僕は幸い、精神保健福祉士として病院に勤めることができましたが、周りには思うような仕事に就けなかった人もいます。別に大学の成績が僕のほうがずっと良かったわけではないので、ただ就活の巡り合わせの差でした。どこまで就活に本気になれるかで人生が大きく変わってしまいますよ!

介護の仕事は大変だけど、将来性は充分!!

わたしは介護施設で働いているんですが、正直、楽ではありません。認知症の高齢者を相手にするのは精神的にも体力的も辛い部分があり、時には信じられないような扱いを受けることだってあります。実際、物を投げつけられたり、罵倒されたりすることも珍しくありません。1年目は何度も辞めてしまいたいと思いましたが、それでも続けられたのは、高齢化が進む今、介護の仕事には抜群の将来性があると思っていたからです。それに、高齢者の介護は誰かが絶対にやらなければならない大切な仕事でもあります。介護に関心があるのであれば、是非ともチャレンジしてみてください!本当に覚悟は必要ですが(笑)やりがいもあるお仕事です。

福祉系にも色々な働き方があります!

私は生活保護施設に勤めていて、主に相談員のような仕事をしています。高齢者や障がい者の介護に直接関わる分野はちょっと自信がない…という人でも、私のような働き方ができるのが福祉系の奥深い部分ではないでしょうか。これは決して差別的な思いからではなく、単に性格の問題としてやっぱり直接介護する仕事が向かない人はいると思うんですよ。例えば、ちょっと潔癖症の人とか。そういう人でも、福祉系の仕事に携わっていくことはできるので、決して不安がらずにチャレンジしてくれたらと思います。ただ、相談役の仕事をしたいのであれば社会福祉士の資格が不可欠!絶対に国家試験に通らないといけないので、大学4年間しっかりと勉強することが大切です。

介護系の仕事なら、将来の心配をする必要がありません!

老人ホームで生活指導員をしています!正直、楽な仕事ではありません。高齢者ご本人はもちろん、そのご家族の要望にも応えなければなりませんし、時には理不尽な要求をされることもあります。でも、これからどんどん高齢化率が上昇していくのは間違いありませんから、仕事を失う心配をしなくて良いのはやっぱり安心感があります。介護保険で運営される療養病床が最終的には全廃されるという話もあって、これからは慢性期の老人が病院に入院することはできなくなっていきます。そうなれば、老人ホームの需要は今よりもっと上がっていくはず。向こう何十年にわたって安定した仕事につきたいのであれば、老人ホームの介護士や相談員はすごく良いと思いますよ。

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?