入試の難易度を調査!
関西福祉大学の偏差値&倍率

こちらでは関西福祉大学の入学難易度について解説したいと思います。予備校の公式サイトなどには漠然と偏差値だけが掲載されていますが、あれはその予備校が輩出した合格者の平均偏差値を統計化したものに過ぎません。実際の難易度を知るためには倍率、受験科目の数などを含めて細かく知ることが大切です。大学の特徴をしっかりと掴み、慎重に受験校を決定するようにしてくださいね!

※偏差値、倍率、国試実績、募集人員等は2016年度のデータです。本年度とは異なっておりますので、必ずご自身で最新の数字をご確認ください。

関西福祉大学

関西福祉大学の受験概要

偏差値: 47
国試実績: 社会福祉士44名 精神保健福祉士11名
募集学科: 社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻
社会福祉学部社会福祉学科子ども福祉専攻
看護学部看護学科
平均倍率: 1.3倍
受験科目: 前期→英語・国語・数学・日本史・世界史から2科目選択
後期→英語・国語・数学から1科目選択
募集人員: 75名(社会福祉専攻)

社会福祉学部と看護学部から構成される関西福祉大学は、介護&医療系の人材育成に特化した大学といえます。大学全体の平均倍率は1.3倍となっていますが、これは一般入試前期の倍率が3.8倍にも達する看護学部が大きく引き上げた結果なので、社会福祉学部志望の場合はさらに低く見積もって大丈夫です。社会福祉士や精神保健福祉士を目指す学生さんは社会福祉学科の社会福祉専攻に進むことになりますので、倍率は1.0~1.2倍におさまるでしょう。受験科目は2科目あるいは1科目なので、得意科目だけで勝負できるのも嬉しいところ。暗記科目のほうが得意という方は国語と日本史または世界史を、逆にその場で考える科目のほうが得意な場合は英語と数学を選ぶのがオススメです。偏差値は50弱となっていますが、倍率が低いこと&選択科目の自由度が高いことを鑑みれば、見た目の偏差値より合格は容易だと思います。

入試関連はこちら

入試倍率の詳細!
関西福祉大学社会福祉専攻の競争率

以下の表をご覧頂けば分かるとおり、倍率は総じて低め。特にAO入試の一環として行われている自己推薦型とセミナー式入試はともに1.0倍の全入状態になっています。もし関西福祉大学を第一志望をしているのなら、一般よりAO入試のほうが圧倒的有利になるでしょう。逆に併願で一般受験やセンター利用を考えている場合、前期日程は不合格者がいる反面、後期はともに全入。滑り止めとして考えている場合は後期日程を中心に考えたほうが有利になりそうです。

入試方法 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 追加内数 2016 年の倍率 2012年の倍率 2011年の倍率
123 123 123 123 123 123
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94
一般・推薦計 400 134 134 105 - 1.3 1.3 36 37 93 94

※個人の感想ですので、あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

学生に聞いてみた!
関西福祉大学の授業内容

複数の資格を得られるカリキュラムがポイント!

学習レベル

社会福祉専攻で入学した場合、1年の間はみんな同じカリキュラムで授業を受けて、2年生からそれぞれの目標に向かって細かく専攻が分かれていきます。具体的には社会福祉専攻、精神保健福祉専攻、心理福祉専攻の3つ。ただ、どの専攻に進んだ場合でも社会福祉士の受験資格は得られるので、そこが素晴らしいところです。ちなみに精神保健福祉専攻に行った場合は社会福祉士に加えて精神保健福祉士の受験資格がもらえますし、心理福祉専攻に進めば認定心理士の資格を得ることが出来ます。上手く行けばダブルライセンスを狙っていくこともできるので、自分の余力に合わせて色々とチャレンジしていけるのが強みではないでしょうか。ただし、時々“二兎を追う者は一兎をも得ず”を地で行ってしまう人もいるので、欲張りすぎはNGですよ!

2年になる頃には進路を決めておくべき!

学習レベル

2年生で専攻が細かく分かれてしまうので、その段階でちゃんと進路希望を考えておかないといけません。私の場合、その時点ではあんまり進路を考えていなかったので、専攻を適当に決めてしまいました。仲の良い友人が心理福祉専攻にするみたいだったので自分も…という感じです。今になってみれば認定心理士は国家資格ではないので、より多くの国家資格を得られる可能性のある精神保健福祉専攻に行ったほうが将来性は上だったんじゃないかな~と思って少し後悔しています。19歳の時に進路を決めるのは酷かもしれませんが、そこだけはしっかり考えておかないと後々になって後悔しますから、ウチの大学に来るのなら、入学時から少しずつ将来の仕事について考えておくようにしてくださいね!

関西福祉大学の資料請求はこちら>>
福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?