学費を知りたい!
関西国際大学の
就職実績は?

このページでは関西国際大学の初年度納入金と就職実績についてまとめています。支払った学費に対して充分な就職実績があるのかどうかは“この大学に進学するメリットはあるのか”を推し量る指標です。受験生としてはどうしても気になる学費&就職データを知ることで、志望校選びに役立てて頂ければ幸いです。

※あくまで2016年度の情報です。実際はこれよりも高い可能性もありますので、事前にしっかりと確認してください。

関西国際大学

関西国際大学の納入金詳細

内訳 入学時 後期 初年度学費総額
入学金 300,000 - 300,000
授業料 413,500 413,500 827,000
教育改善費 131,000 131,000 262,000
教材費 20,000 20,000 40,000
合計 864,500 564,500 142,9000

上記に教材費という項目がありますが、入学後の教科書代などは別途必要です。また、資格取得に関する実習のほか、体験学習や研修旅行といった特殊な形態の授業を履修する場合、その授業料は追加で支払う必要があります。ただ、関西国際大学の実習プログラム、インターンシップ制度は非常に充実しており、老人介護施設、障害者施設、児童館などで仕事体験をすることができるのが特徴。そういった部分を加味すれば、追加授業料が必要なのは当然の話で、決してマイナスポイントにはならないでしょう。もし初年度学費総額142万円に加えて経費がかかるという点がネックになりそうなら、日本学生支援機構の奨学金を利用するのも手だと思います。充実した実習授業を揃えている関西国際大学は、そうした制度を利用してでも進学する価値がある大学です。

学費関連詳細

学費分の実績はある?
関西国際大学の
進路実績

就職先の進路内訳

※個人の感想ですので、あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

卒業生の就活事情&進路は?
関西国際大学出身者の声

関西国際大学を卒業した先輩たちは就職活動でどんな経験をしたのでしょうか?また、どのような就職先に進んだのでしょうか?そんな公式データからは見えてこない具体的な部分を、卒業生の皆さんに詳しく伺ってみました。関西国際大学に進学するとどんな未来が待っているのか、その実情に迫っていくことにしましょう。

就活を通じて成長していくことが大事!

正直なところ、就職活動はあまり楽しいイベントではありません。エントリーシートを送っても落ち続けることもあるし、いわゆる圧迫面接で嫌な思いをすることもあります。でも、社会に出たら本当に面倒なことばっかりで、あれくらいで根を上げていたら生きていけないのが現実。就活を通じて忍耐力、精神力を鍛えているんだと考え、こらえるところはこらえる、相手が何を言って欲しいのかを必死で考えるといった能力を向上させる機会と捉えることが大切です。3年の秋から就活が始まると本当に世界が変わるので、3年夏までに大学生らしく楽しみ、そこからは半分社会人になったつもりで就活に食らいつきましょう。

自分の適性を見極めることが大切!

実をいいますと、私は福祉とは無関係の企業に就職しました。飲食関係の会社なので、正直、特に大学で勉強した分野とは関連がありません。わざわざ今の進路を選んだのは、実習授業などを通じて、自分がそれほど福祉関係に向いていないのではないかと考えを改めたからです。実習をこなしてみて「介護施設は相当のストレス耐性がないと続かないだろうな…」と気づき、自分の性格であれば他の業種に目を向けることも考えなければならないと方針転換したんです。実際、文学部の人で文学者になる人はほとんどいませんし、法学部を出て弁護士になるのも一部ですから、必ずしも大学の内容と同じ職種に就く必要はありません。大学の4年間で「自分には何の仕事が向いているのか」をじっくり考えるのも大切なことだと思います。

優しさがある人にしか出来ない仕事!

社会福祉系の学科からは介護施設に就職する人が多いんですが、正直、そんなに楽な仕事ではありません。労働時間も長いですし、世の中の平均と比べて特別高いお給料をもらえるわけでもないです。それでも、私は「ありがとう」と言われることに喜びを感じて、介護の仕事を続けています。言うなれば“貧しい人のために募金をして幸せな気持ちになれる性格”の人じゃない限り、長く続けるのは難しいのではないでしょうか。もし福祉、介護系の仕事をしようと思っているのなら、大学の4年間で“人のために働くことを自分の喜びにできる”ような、そんな謙虚さと優しさを身につけてくださいね。実習授業の充実した大学なので、是非ともそれを自分自身の意識改革に役立てて欲しいと思います。

社会福祉士試験に全力をぶつけてください!

僕は社会福祉士の試験に落ちてしまい、今は特に資格のないまま老人保健施設で仕事をしています。やっぱり資格がないと言い方は悪いですが“下っ端”の仕事が回ってくる確率が高いです…。看護師がいて、ケアマネージャー、社会福祉士がいて、そういったヒエラルキーの一番下になってしまうからです。これから福祉系の学部に入るつもりなら、とにかく4年間しっかり勉強して、社会福祉士の資格試験に合格することが大切。もし時間が巻き戻るなら、もっともっと努力して、それこそ死ぬ気で資格試験合格を目指すでしょう。どんな仕事であれ、資格と経験の2つが物を言います。無資格の新卒はどちらもないわけですから、扱いは良くありません。経験はどうしようもないですが、資格なら試験で取れます。「絶対に一発で社会福祉士の資格を取るんだ」というつもりで頑張ってください。

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?