学費&就職率を調査分析!
神戸女子大学の
学費などをチェック

こちらでは神戸女子大学の学費&就職率データを調査して、支払った学費に見合うだけの就職実績があるのかどうかを検証したいと思います。大学というのは“学費を払って、4年後の就職を買う”ということを考えている方もいらっしゃるでしょうから、学費と就職率を比較することで大学の本当の価値を知ることができます。

※あくまで2016年度の情報です。実際はこれよりも高い可能性もありますので、事前にしっかりと確認してください。

神戸女子大学

神戸女子大学社会福祉学科の初年度学費は…?

内訳 入学時 後期 初年度学費総額
入学金 350,000 - 350,000
授業料 400,000 400,000 800,000
教育・施設充実費 110,000 110,000 220,000
合計 860,000 510,000 1,370,000

初年度学納金の総額は137万円。また、免許取得に必要な費用としては、相談援助実習費5万円、介護福祉実習費10万円、精神保健福祉援助実習費5万6,000円などがあります。これらは、選択制であり、全ての実習費を支払わなければいけない、ということではありません。学外実習費は、概ね色々な大学で学費とは別にかかるのであまり特別なことではありません。当サイトで紹介している中ではやや学費が高いように見えるかもしれませんが、学校独自の国家試験模試などが実施されている点を考慮すれば、ある程度の経費がかかるのは当然といえます。全般的に国家試験対策が充実している大学の1つですので、あまり学費だけに着目して大学を選ぶ、ということではなく、しっかりと将来性やネームバリューなども考慮し自分に最適な大学を選んでいきたいですね。

学費詳細はこちら

神戸女子大学社会福祉学科
就職実績と先輩達の進路は?

神戸女子大学ではHPにて卒業生の進路内訳などを公表しています。就職率は2016年度の社会福祉学科で100%と高いのでそれほど心配はないでしょう。現在、大学生全体の平均就職率は67.3%ですから、平均を大きく上回る実績といえます。ちなみに今でも企業などの採用担当になる世代から“女子大の学生は箱入り娘で真面目な性格”というイメージで見られている部分があり、同じレベルの共学より就職有利と言われているので、その点もプラスポイントといえそうです。

福祉施設、医療機関の就職先内訳

※個人の感想ですので、あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

卒業生に聞く就活の実態
神戸女子大学社会福祉学科編

就職率など数値化された情報も重要ですが、やっぱり実際に就職活動をして社会に出た先輩たちのお話も聞いてみたいですよね?就活の体験談や、就職してからの状況など、神戸女子大学社会福祉学科を出た方々の就職事情について細かく伺ってみることにしましょう!神戸女子大学に入るとどんな未来が待っているのかを具体的にイメージするために役立つはずです。

介護職員はON/OFFの切り替えが大事!

私は介護施設に就職したんですが、介護系の仕事につくならオンとオフの切り替え上手にならないと辛い思いをします。仕事中は化粧っ気もなく、ひっつめ髪でとにかく走り回る感じなので、それに慣れすぎてしまうと本当に女を捨てる感じになっちゃいます(笑)仕事中は余分なことはせずに仕事に没頭、休みの日には仕事を忘れてオシャレをしたり自分のやりたいことをやったりする…そういうふうに出来ないとプライベートに悪影響が及ぶ可能性も。あと、全てを完璧にしようと気負いすぎると精神的に疲れてしまいますから、良い意味で適度に肩の力を抜くことも必要です。上手に自分の精神状態をコントロールをできるようになることが、介護職員の第一歩だと思います。

ストレートで相談員になるのは難しいです…

私は精神保健福祉士の資格を取得したんですが、資格があるからといってすぐに相談員のようなデスクワークができるわけではありません。まずは精神障がい者施設で生活指導員として障がいがある方の支援をするなどして、現場のことを知らなくてはいけないんです。確かに、実情も知らないままでは相談に乗ってあげることもできませんので当たり前ですね。とにかく、社会福祉士や精神保健福祉士の資格があるからといって一足飛びにソーシャルワーカーや相談員になれるわけではないということを覚えておいてください。介護施設にしろ障がい者施設にしろ、予想もつかないことが起きることもあり、仕事はかなりハードです。福祉関係の仕事をしたいなら、それなりの覚悟は必要だと思います。

やりがいはありますが、とても気を遣う仕事です!

精神障がい者施設に就職したんですが、とにかく気をつけることが沢山あります。例えば、精神障がいをお持ちの方は家庭崩壊を経験していたり、学校を中途退学していたりする場合も多く、プライバシーを詮索するような話題は全部NGです。向こうから話してきた場合は聞く、質問あれれば自分も答える、でもこちらからは1つも詮索しない…こういったルールを守って会話するのってものすごく神経を使います。会話が弾んだからといってうっかり余計なことを言えば、相手を傷つけてしまうかもしれません。ちょっと会話するだけでも、常に「これは言って大丈夫かな?」と頭の中で自問自答。本当に一瞬も気が抜けないんです。やりがいのある仕事ではありますが、苦労も多いです。

就活は落ちるものという認識で!

就職活動はどこの大学でも同じだと思いますが、本当に容赦なくバシバシ落とされます。私の場合はもともと楽天的なので「わ~落ちた~」とか笑ってましたが、友人の中にはかなりショックを受けて意気消沈してしまった子もいました。でも、就活って基本的に何十も受けて1つ2つしか通らないものなんですから、いちいち気にしていたら損です。だいたい何個の内定をもらっても、実際に入社できるのは1つだけなんですから。これから入学する皆さんもそのうち就職活動をすることになると思いますが、最初から“落ちるのが普通”“奇跡が起きて1つか1つ通れば良いな”くらいの気持ちでチャレンジしてくださいね。それなら落ちたときのダメージも少ないので。

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?