学費コスパを考えてみた!
武庫川女子大学の
初年度学費総額

学費に見合うだけの就職実績を残しているのかどうかは、大学選びの重要なポイントです。決して安くはない学費を払ってでも多くの人が大学に行くのは、大卒の肩書きを得ることで将来的に安定した仕事が手に入るから。要するに就職実績こそが大学の価値といっても過言ではないのです。こちらでは武庫川女子大学の学費&就職実績を細かく解説していますので、是非とも受験校選びの一助にしてください。

※あくまで2016年度の情報です。実際はこれよりも高い可能性もありますので、事前にしっかりと確認してください。

武庫川女子大学

武庫川女子大学の初年度学費総額

内訳 入学時 後期 初年度学費総額
入学金 350,000 - 350,000
授業料 995,000(前後期分納)
※前期・後期それぞれの分納額は不明
995,000
教育充実費 180,000 180,000
学生研修費 3,000 3,000
その他経費 14,700 14,700
合計 950,200 592,500 154,2700

初年度学費総額は154万2,700円となっています。資格可能取得の豊富さを考えれば妥当な金額といえるでしょう。武庫川女子大学の社会福祉コースでは三福祉士の国家試験受験資格のほか、社会福祉主事任用資格、図書館司書、レクリエーション・インストラクター、障害者スポーツ指導者など多様な資格取得にチャレンジできます。これらをすべて資格試験予備校の授業を受けて取得しようとしたら相当の金額がかかるはず。そう考えれば、154万2,700円という学費は合理的だと感じる人も多いでしょう。単純に金額だけでなく、その費用と引き替えに得られるものは何なのかという視点で志望校を選ぶことも重要なのではないでしょうか。

2016年度 武庫川女子大学学費詳細はこちら

武庫川女子大学
奨学金について

武庫川学院奨学

給付型の奨学金で、家計の事情が重視されます。入学後に家計が急変した学生に対して授業料の40%相当額が、授業料の納付が困難な学生に対して年額20万円が給付されます。1年間のみの給付となります。

武庫川学院鳴松会奨学

貸与型の奨学金で、家計の事情が重視されます。授業料相当額の20~50%が貸与され、返還の義務はありますが無利子です。なお、こちらは卒業年度のみの奨学金となっています。

武庫川学院鳴松会奨学

給付型の奨学金ですが、こちらは成績優秀な学生のみが応募できる奨学金です。一律で年額20万円が給付されます。

武庫川女子大学
進路支援について

武庫川女子大学では大学全体で98.8%、心理・社会福祉学科に限定しても97.6%という高い就職率を記録しています(2015年卒業生)。こうした優秀な就職状況の背景には、大学の充実した進路支援があります。

キャリアセンター

武庫川女子大学には、学生のキャリア形成をサポートするためのキャリアセンターが用意されています。キャリアセンターというと、他大学では同じような名称でも簡単な窓口やカウンセリングルームがあるだけということも多いですが、こちらの大学の場合は違います。文字どおりキャリアセンターという施設があり、常時さまざまな展示が行われたりイベントが開催されたりしています。学生同士が交流するラウンジや豊富な資料、ビデオカメラ付きの模擬面接室など、学生が少しでも就職活動を有利にできるような設備が目白押しです。

学校教育センター 教職支援課

社会福祉コースでは福祉の教員免許の取得も可能です。卒業後の進路として教職を目指す人もいることでしょう。武庫川女子大学では、教職を目指す学生に特化した進路支援も行っています。それがこちらの学校教育センター進路支援課です。教員採用試験対策の資料が充実しているほか、学外実習に関する相談などにも気軽に乗ってもらえますので、将来的に教員を目指したいと考えている人にとっては強い味方となってくれるでしょう。

インターンシップ

福祉系の大学の卒業生に求められるのは知識だけではありません。実践的な経験からしか得られないものをいかに受け止め、自分なりに理解を深め、福祉に対するビジョンを持てるかが重要となります。武庫川女子大学ではインターンとして福祉の現場で実際に実習を行う機会を得ることができます。より具体的な将来設計を描くためにも、インターンシップを積極的に活用しましょう。

就職状況まとめ
武庫川女子大学の
就活事情

武庫川女子大学の就職内定率は、96.9%です。ちなみに2016年卒業生195名のうち22名がアルバイトや家事従事者となったようです。就職率96.9%は破格であり、本人に就職の意志があれば仕事を見つけられる可能性は高いでしょう。会社の人事部で採用担当になるような人たちの世代では今でも“女子大に通っている子は箱入り娘で、育ちが良い”というイメージが残っており、同じレベルの共学より就職事情が良いことも多いです。そういったプラスアルファを加味すると、武庫川女子大学はかなり就職有利な大学といえるでしょう。やはり、単純な費用だけにとらわれることなく、ネームバリューや自分の将来的な価値を上げていく、という視点で進路を決定しても良いのかもしれません。

就職者の業種内訳

※個人の感想ですので、あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

就活&就職事情
武庫川女子大学
卒業生の声

就職率や業種内訳といったデータだけではなく、ここでは武庫川女子大学の卒業して社会に羽ばたいた先輩方の実体験を伺ってみたいと思います。就職活動の感想や、今働いている業界の話題など、気になる情報を収集しちゃいましょう。武庫川女子大学に進学するとどんな将来が待っているのか、その実態に迫ってみたいと思います!

兵庫県内の企業にはウケが良いです♪

武庫女は京都女子大、同志社女子大なんかと並んで近畿ではそこそこの知名度があります。その上、わりと真面目な子が多いっていうイメージがあるらしくて、面接の時なんかはウケが良かったです。もちろん、面接官がニコニコしていても落とされるケースはかなりあるんですが(笑)それでも圧迫面接されるより気が楽なので。近場だと神戸女学院あたりは派手なお嬢様学校っていうイメージなので、就職の時はウチのほうが有利だったりします。私自身、就職難と言われているこの時代に3社から内定をもらうことができました。就職を重視するのなら、ウチの大学は良いと思いますよ。

一般企業に行く子が多いです…

私は社会福祉士の資格を取って市役所の福祉関連部署でケースワーカーとして働いています。ただ、周囲には社会福祉コースを出ても一般企業に行く子が圧倒的に多くて意外でした。資格試験に通って、実際に福祉関係で働く子は1割くらいなんじゃないでしょうか。もちろん本人が一般企業に行きたかったのなら全然問題ないと思うんですけど、もし福祉関係で働きたいなら周囲に流されずに資格試験の勉強をしないとマズイと思います。中には三福祉士の資格を取るつもりだったのに途中から面倒になったのか「やっぱり一般企業にしよう」という子もいるので。

福祉以外への方針転換がしやすい♪

私自身は結局、福祉関係ではなく一般企業に就職しました。とある機器メーカーの事務なので特に大学時代の専攻とは関連はないです。ただ、私は大学自体のソーシャルワーク実習などを経て、福祉よりも他の業種のほうが向いていると考えを変えたので、今の仕事に満足しています。福祉や介護系の仕事というのは排泄ケアなどを含む場合もあり、向いていない人には正直向いていません。武庫女の場合、一般企業への就職率もそこそこなので私のように途中から方針転換した場合でも仕事が見つけやすいのが良いところです。福祉系の学科だからといって必ずしも福祉関係の仕事をしなければならないわけではありません。皆さんも自分の適性をよく考えて就活をしてくださいね。

資格試験の結果で人生が変わります…!

福祉系の仕事に就く場合、社会福祉士や精神保健福祉士の資格があるかどうかで将来が全然変わってきます。私は精神保健福祉士の試験に落ちてしまい、施設の介護スタッフとして働き始めました。もし資格試験に合格していれば早めに相談員など体力的な負担の少ない役職になれたと思いますが、無資格のままでは先が見えません。結局、介護施設を辞めて一般企業に転職することになりました。運良く転職先が見つかったので今は普通にOLをしていますが、もし転職に躓いていたら…と思うとゾッとします。福祉系を目指すなら、絶対に三福祉士の資格試験に合格しないとダメですよ!

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?