ホームヘルパー志望にオススメ!?
大手前大学現代社会学部の強味

1科目から受験できる一般入試が特徴の大手前大学。社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格は得られませんが、ホームヘルパーや社会福祉主事を目指すのであればまったく問題ありません。福祉系の職業にも色々な種類がありますから、ご自身の目標に合わせて志望校選びをして頂ければと思います!中堅大学の中では特に学費助成、奨学金が充実している大学なので経済面に不安のある方でも充分にチャンスがあるのもポイントです。

※偏差値、倍率、国試実績、募集人員等は2016年度のデータです。本年度とは異なっておりますので、必ずご自身で最新の数字をご確認ください。

大手前大学現代社会学部

大手前大学現代社会学部の基礎データ

偏差値: 44
国試実績: 社会福祉士:0名(他校平均21人)
精神保健福祉士:0名(他校平均6.2人)
受験科目: A日程3科目 英語、国語は必須地歴および数学より1科目
B日程2科目 国語は必須英語、地歴、数学より1科目 等
募集人員: AO入試:40名/一般A日程:85名/一般B日程:15名 等
合計:250名
所在地: 兵庫県西宮市御茶家所町6-42
アクセス: JRさくら夙川駅より徒歩7分/阪急「夙川駅」より徒歩7分

所得可能資格▼

  • ホームヘルパー2級
  • 社会福祉主事
  • 精神障害者ホームヘルパー
  • 知的障害者ガイドヘルパー

大手前大学現代社会学部の偏差値は44となっており、それほど入学が難しい大学ではありません。1科目から受験できることも手伝って、高校の勉強がそれほど得意じゃない人でも合格の望みは充分!もちろん高校の成績が良い人だって立派ですが、高校までは思うように行かなくても大学入学後に努力して就職を勝ち取る人だって立派だと思いますよ。ただ、社会保険福祉士や精神保健福祉士の受験資格を目指す大学ではなく、現代社会学部という枠組みの中で福祉関係の勉強ができるという環境なので、半ば教養として学びたい方に適しています。とはいえ、三福祉士以外の関連資格については取得可能ですので、資格を生かした就職を目指すことも充分に可能。2016年度入試結果によれば、一般B日程の1科目受験は倍率1.0倍。このように全入となる場合もあるので、多少偏差値が不足していてもチャレンジする価値は充分にあるでしょう。

狙い目は一般入試!?
大手前大学の実情に迫る

同じ偏差値の大学でも、合格最低点が高いか低いかによって入学難易度は変わってきます。問題が易しい学校の場合、偏差値40でも合格点が7割程度になることがあり、そうするとちょっとミスが多くなってしまうだけで合格できません。しかし、2016年度の大手前大学現代社会学部は3科目受験でも300点満点中113点で合格できたのです。問題がものすごく易しいわけではないのかもしれませんが、5割行かなくても合格できるのであれば得意科目で大きく得点を稼げば残り2科目はあまりできが良くなくても問題ありません。自信のある科目が1つでもあれば、わりと容易に入学できる場合があるのです!

一般入試の多数
併願がオススメ!

中堅の福祉系大学にはバラエティあふれる推薦方式を多数用意しているところも多いですが、大手前大学の場合はむしろ一般入試のほうが敷居が低いかも知れません。一般だけで100名の募集枠があり、倍率は最大でも1.5倍程度だからです。A日程とB日程に両方とも出願し、1科目受験~3科目受験まで重複して申し込めば、かなり高い確率で1つくらいは合格できるのではないでしょうか。

大手前大学の受験情報をもっと詳しく>>

大手前大学は授業料の助成制度が充実♪

初年度学費総額は129万円と平均程度ですが、大手前大学は授業料の助成システムが非常に充実しています。なんと2科目以上の一般受験であれば合格者の上位20%、1科目であれば上位10%に入るだけで4年間の学費を半額免除してもらえるのです!よほど成績が低迷しなければ卒業まで学費助成を受けられるので、経済面の不安はほとんど解消するといって良いでしょう。

大手前大学の学費情報をもっと詳しく>>

※大手前大学に厳しい口コミも抜粋してあえて掲載してあります。実際の学校内容や満足度は口コミよりも良い可能性があります。あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

学生たちの本音を探る
大手前大学在校生の声

客観的なデータも確かに重要ですが、実際に大学に通っている学生たちの意見も大切です!そこで、こちらでは学生にインタビューして、大手前大学の優れた部分とそうでない部分について赤裸々に語って頂きました♪大手前大学への進学を検討している受験生は、まずこちらをチェックしてみましょう。校風、実際の授業の様子など、学生に聞いてみないと分からない部分もたくさんありますから。

大学生活の中で目標を見つけられる!

大手前大学は福祉系の取得資格を第一にしているわけではないので「絶対に福祉系の仕事」と決めている人にとっては微妙かもしれません。でも、多くの学生は18歳の段階で将来の仕事を100%決めているわけじゃないですよね?だから、むしろ大学の間は福祉関係の勉強と、それ以外の勉強を両方とも頑張って4年かけて進路を決めるのもアリだと思います。夢や目標って変わることもあるし。そういう変化が起きた時、福祉一辺倒の大学だと逆に苦労する可能性もありますから、個人的には大手前大学みたいに教養重視の大学のほうが良いんじゃないかと思うんです。

社会福祉士と精神保健福祉士の資格取得は不可…

残念ながら、大手前大学を出ても社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験受験資格を得ることはできません。分かった上で進学したので別に不満があるわけではないんですが、最終的に福祉系の職業を第一志望に決めた今になってみると、やっぱり社会福祉士、精神保健福祉士に介護福祉士を加えた三福祉士の資格が欲しかったなぁ…と。もちろん実務経験を重ねれば受験資格を得ることもできるんですが、卒業後すぐに得られる人とは差がついてしまいます。ただ、入学時点ではまだ進路を決めていなかったわけですから、これは仕方ないことかもしれません。これから受験するという人は、将来の進路について1度じっくりと考えることをオススメします。

大手前大学4つの特徴まとめ

  • 社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格を得ることはできません…
  • ですが、ホームヘルパー2級や知的障害者ガイドヘルパーなど福祉関連資格は豊富!
  • 1科目受験が可能なので、得意科目が1つでもあれば合格の望みは充分♪
  • 一般入試の合格最低点は4割~5割なので、多少のミスは気にしなくてOK!

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?