就職実績と比べる
大手前大学の学費と就職について紹介!

こちらでは大手前大学の学費と就職事情について解説していきたいと思います。払った学費に見合うだけの就職先が見つかるかどうかは後々の死活問題。入学前に志望大学の就職率を調べておくことは非常に大切です。より将来性のある大学へ進学するためにも、当サイトの学費&就職データを志望校選びの参考にご活用頂ければと思います。

※あくまで2016年度の情報です。実際はこれよりも高い可能性もありますので、事前にしっかりと確認してください。

大手前大学

大手前大学の初年度学費データ

内訳 入学手続き時 後期 初年度学費総額
入学金 270,000 - 270,000
授業料 390,000 390,000 780,000
施設設備費 120,000 120,000 240,000
合計 780,000 510,000 1,290,000

大手前大学の初年度学費総額は129万円となっていますが、他の大学と同じように実習科目や実技科目、一部の資格取得に関わる科目を履修する場合は別途追加の受講料がかかるようです。大手前大学現代社会学部は福祉や心理学系統の授業だけではなく、ビジネスマネジメントやファッションビジネスなど幅広い講座を設置しているのが特徴で、個々人の興味に合わせてあらゆる分野について学ぶことが出来ます。特定の資格をピンポイントに目指すというよりも、幅広い教養を身につけることに重きを置いた大学といえるでしょう。社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格を得ることはできませんが、教養の一環として福祉や心理を学びたいという方にとっては有意義なカリキュラムだと思います。

学費関連詳細

大手前大学の就職実績まとめ
就職先はどんなところがあるの?

2011年に65.4%だった就職率は、翌2012年に74.3%、2016年に85.3%、そして2015年には95.6%へと躍進しました!学部ごとの進路先は見つけられませんでしたが、下の通り医療・福祉系に進んでいる方もいらっしゃるのが分かります。色々な分野に幅広く飛び立っているので、ぜひオープンキャンパスなどに行き自分の目で確かめてみましょう。

福祉施設、医療機関の就職先内訳

※個人の感想ですので、あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

卒業生の就活体験談
大手前大学の就職事情を探る

就職率など客観的なデータも大切ですが、実際に大手前大学から社会に出た先輩たちの就職体験談を聞いてみたいと思いませんか?就職活動がどうだったか、どんな職場に就職したか…などなど他ではなかなか聞くことのできない体験談を伺ってみましょう。もし大手前大学に進学したらどのような将来が待っているのか、先輩たちのお話を参考にイメージしてみてください!

就職活動は早めにスタートしたほうが…

一般的には3年の秋冬あたりから就活シーズンに入りますが、周りの友人の中には4年になるまで本格的な就活をしない人もいました。そして、いざ卒業が近づいても進路が定まっていないのは、決まってそういう人たちです。今は就職難で、そんなに簡単に内定がもらえる時代じゃありません。これから4年以内にものすご景気が良くなって就職が簡単になるとは思えないので、皆さんは絶対に3年生の秋あたりから就職活動をスタートさせてください。卒業前にどうにか就職が決まった人もいますが、進路が定まるまで生きた心地がしなかったみたいですよ。

介護の仕事は精神力が必要!

私は有料老人ホームに就職したんですが、とにかく精神的に疲労します。要介護の高齢者は自分で動くことが難しいので、抱えてあげなければならないことも多いです。万が一にも落としてしまったりすれば大事故に繋がりかねないので本当に神経を使います…。そして、どんなに疲れていても高齢者の方とお話する時に笑顔を絶やしてはいけません。疲れた様子を見せてしまえば、向こうも頼み事がしづらくなってしまいます。疲れていても、精神的にストレスが溜まっても、とにかく笑顔でハキハキ返事ができないと介護は勤まりません。就職して2年経ちましたが、今でも「仕事に慣れた」とは言い切れない状態です。介護施設で働こうと思っている人は、そのあたりをしっかりと覚悟してくださいね。

一般企業という選択肢もあり!

僕は主に心理学を学んでいて認定心理士の資格も取得しましたが、特に福祉や心理の分野と関係のない会社に就職しました。仮に心理学系統の授業をメインで取っていたとしても、別に就職先をそういった方向に絞る必要はないと思います。福祉や心理系の職場と一般企業を両にらみのままで就職活動をすることも可能ですから、内定もらえたほうに行くというのも全然アリだと思いますし。とにかく変に自分の方向性を決めてしまわず、幅広い可能性を残したまま就活を進めても良いと思うんです。実際、やってみないと内定もらえるかどうか分からない部分もありますからね。

就職すると本当に大変…

どこの業界でも同じだと思いますが、就職して社会人になると本当に生活が変わります。朝起きたらすぐ会社に行って、帰ってくるのは夜12時くらいというのが毎日のように続くんですよ。大学の時には考えられないくらい忙しいです。最初の1年は家に帰っても仕事内容の復習をしたりでプライベートは捨てたも同然。最初の数ヶ月は辛くて仕方ありませんでした。でも、これは新社会人みんなが通る道。後から「アレをやっておけば良かった」なんて後悔しないよう、大学の間にしっかりと遊んでおくことも必要かもしれません。

福祉大学紹介ナビ 〜評判・学費・偏差値・倍率・国家試験合格率等を紹介〜

オススメの記事

国家資格を活かした職場
就職に強い大学|福祉の国家資格を活かした職場で働きたい!

神戸医療福祉大学

webデザイナー
人気の資格を取得しよう!福祉資格別おすすめ大学3選
プロアスリート
ダブル資格が取得できる大学|福祉の現場で幅広く活躍したい!
プロアスリート
社会福祉士を目指したい!大学選びのコツは?