a0055_0008641

試験で良い点を取る方法:1人授業のススメ

 

勉強するのなら、その成果を形に表したいという思いは誰もが抱くことです。

その機会はやはり試験になるのですが、普段の勉強法では試験問題に太刀打ちできなかったという経験は少なからずあるはずです。では、試験勉強はどのように取り組めば効率よく結果が出せるでしょうか。

 

まず、学校等での時間をどのように活用するのかがポイントになってきます。そして授業以外の時間、つまり、自習時間との関連性も重要です。

 

授業については、その担当の教師によって変わってきます。例えば、基礎を固めていくことを重視したものや、基礎ができていることを前提に応用力を鍛えていくことを重視するものもあります。ですから、授業を受ける前に、その日習得すべき内容や範囲を一通りさらっておかないと、全く理解できない、ついていけないということが起こりうる訳です。

 

このような事態に陥ってしまうと、試験でいい点をとることなどできません。試験でいい点を取るには、1人での勉強に重きを置いて、授業で確認するという方法が一番効率的なのです。

 

1人での勉強はどうしたらいいのかというと、予習に力を入れる、これに尽きます。予習とは、勉強して分からないことを炙り出す作業だと捉えてください。

 

予習の段階で分からないのは当たり前です。何が分からないのかを分からないことが一番怖いのです。予習を通して分からないことが分かれば、授業でその部分をしっかり聴く気になるでしょう。逆に、予習の段階でほとんど理解できたと思うのなら、授業は復習の時間にあててしまえば良いのです。

 

よく、自習では復習をメインにしている人がいると思いますが、復習で分からない点が出てくると、気持ちも焦ってしまいます。予習をメインに、授業は分からないことをしっかり定着させる場、もしくは、復習の場として利用し、試験前の勉強は総ざらい復習という形で取り組むと効率的でしょう。

           
サブコンテンツ

福祉大学の徹底比較はこちら