試験で良い点を取る方法:ガムと頭の回転の関係

 

試験中は原則、飲食禁止です。おおっぴらに飲んだり食べたりする受験生はもちろんいませんが、ガムに関しては、目立たないように噛むのは理にかなっているかと思います。

 

ガムを噛む効用として、あごを動かすことが頭、特に、脳への刺激を送るので眠気を催さない、集中力を増すということが挙げられます。また、あごを動かすことで、心拍数を必要以上に上げずにすむという効用もあります。本番の試験は緊張しますので、その緊張をほぐす効用も期待できるのです。

 

ガムを噛んで頭の回転を維持することは、試験に対しては非常に効果的と言えます。もちろん、試験ばかりではなく、普段の勉強の時も頭の回転をよくするためにも、ガムを噛みながらの勉強を考えるべきでしょう。

 

勉強の時は、試験と違って飲食禁止ではありませんから、堂々と噛みながらやるのはまったく問題ありません。これがガム以外の、例えばチョコレートだと、頭を使う時に一番必要となる糖分の補給はできますが、短い時間で溶けてなくなりますので、あごを動かすことにはなりません。

 

間食として食べたくなるポテトチップスの場合だと、これまた数回噛んでしまうともう何も残りません。ポテトチップスは、どうしても食べ出すと最後まで食べ切ってしまうところまで行ってしまいがちです。チョコレートもポテトチップスも、特に勉強の時に食べることを考えると、ガム以上の効果は考えにくいのです。

 

ガムを噛むことは、試験の時の頭の回転のことを考えると、効果は十分にあります。普段の勉強の時から噛むようにして、あんまり目立たないようにという条件つきですが、試験本番でもガムを噛むことをぜひ実行すべきです。頭への刺激は、特に昼休み後の最初の科目の時に実感します。

           
サブコンテンツ

福祉大学の徹底比較はこちら