a0002_0086461

試験で良い点を取る方法:睡眠時間はちゃんと取ろう!

 

試験で良い点を取っている人というのは、さぞたくさん勉強をしているのだろうという風に思ってしまいがちです。ですので、そういった人たちというのは、夜遅くまで勉強をして睡眠時間は削っているに違いない、という風に思うものです。

 

しかし、実際にはそういったことはないのです。確かにそのように睡眠時間を削ってたくさん勉強したことによって、成績が上がっているという人も中にはいるかもしれません。ですが、実際には、睡眠時間は削ってはいけないのです。なぜいけないのかというと、睡眠時間を削ることによって寝不足の状態が続くようになるからです。

 

寝不足が続くということは、昼間は常に眠気が襲ってくるという状態になります。もしも昼間に眠気が襲ってくるとなると、授業中はどうなってしまうかというと、ほとんど授業を聴いていないことになってしまいます。

 

授業を聴いていたとしても頭に入ってきていないとなれば、当然その授業の分は理解できずに終わってしまい、どんどん勉強が遅れていってしまうことになるのです。ですので、そうならないためにも、十分な睡眠時間は必要になります。

 

睡眠を十分とるようになることによって、昼間も頭がしっかりとさえている状態になるでしょう。そうすることによって、授業もしっかりと頭に入ってくるようになります。そうすれば、夜の勉強も短時間ですむようになり、復習をする程度ですむということになるでしょう。

 

睡眠時間は目覚ましなしで起きられるくらいとれば十分と言えるでしょう。そうすることによって昼間に集中して勉強ができるようになり、試験でも良い成績を収めることができるようになるのです。

 

しっかりと睡眠をとり、理解力や暗記力を高めていくようにしましょう。

           
サブコンテンツ

福祉大学の徹底比較はこちら