受験に勝つ方法:試験で耳栓利用のススメ

受験生がテストに慣れるために、学校や塾、予備校は何度も模擬試験をするものです。それでも、やはり本番は一度限り! その時の受験生の緊張やプレッシャーは半端なものではなく、汗をかき、唾が溢れ、手が震えたりする人も少なからずいるのが現実です。そして敏感になった人間の五感は研ぎ澄まされ、普段は気にならない細かいことが気になってしまったりするのです。


一番受験生が試験中に気になることは、雑音です。それも、通りの車の音とか、町を行く人の話し声とか、椅子を引く音とかは気にならないのですが、同じ受験生である隣や前後の椅子に座る人がたてる音には、非常に敏感になってしまうものです。同じ土俵に立つ、受験生同士は言ってみれば敵なわけです。その敵の動きが気になって仕方なくなると、試験に集中できなくなるのです。


彼らがたてるシャープペンを走らせる音、それをカチカチさせる音、テスト用紙をめくる時の音…普段は気にしないそんな小さな音に心が乱されます。そんな時は、深呼吸、とにかくテストの答案用紙を埋めなければ合格も何もないのですから、集中できるように自己暗示でも何でもかけるしかありません。


ほかにも、意外と役に立つのが耳栓です。100円均一ショップで売っている安い耳栓でいいので、用意してみてください。完全ではないにせよ、気になるペンの音や紙をめくる音などは遮断してくれます。それにより、世界は自分一人であるかのような感覚になり、目の前の文字に集中できるでしょう。

実際に試験会場では隣の音が気になると試験監督に告げる学生も多いのです。自己防衛手段として認められるのであれば、耳栓を活用してみてください。もちろん、試験会場でこれを使用しても構わないかと監督者に聞くことも忘れずに。

           
サブコンテンツ

福祉大学の徹底比較はこちら