受験に勝つ方法:最後のギリギリまであきらめない

a0002_005737
最後のギリギリまで諦めないことは、受験に勝ちたかったら絶対に必要になります。これは、試験時間内についてもそうですが、受験勉強自体にも同じことが言えます。

どういうことかというと、受験日が迫ってきているのに十分な実力がついていないと諦めてしまってはいけないのです。特に現役の学生の場合には、受験日が迫ってくるまで、合格レベルの学力になっていない人も多いのです。1カ月前になっても、ほとんどできない状態だと不安にはなりますが、絶対に諦めてはいけません。受験日直前までに力がつくことも多いからです。


勉強方法としては、あくまでも基礎固めをしっかりとしましょう。基礎力がないのにいきなり応用問題や実践問題を解いても力はつきません。全ての範囲の基礎問題がスラスラとできるようになるまで復習することが重要です。

しかし、基礎問題がどんなにスラスラ解けたとしても、実践問題には対応できません。そこで、全ての範囲について基礎ができたら、発展問題や実践問題に挑戦しましょう。この方法が一番効率的に学習できる方法です。


現役の学生の場合には、基礎力がつくまでに、かなりの時間を要する場合もあります。年末を超えてしまうことも珍しくなく、センター試験には間に合わない場合もあります。しかし、基礎力ができていたら、応用力は意外と早くついてきます。

1カ月の時間があれば、十分に補うことができるので、焦りや諦めは禁物なのです。始めはあくまでも、簡単な問題を落とさないようにすることに集中しましょう。簡単な問題で得点できない人が難しい問題を解けるはずがありません。物事の順序を間違えないで、勉強することが最も肝心なことになります。

           
サブコンテンツ

福祉大学の徹底比較はこちら